iPhone・Android向けワイヤレスマイクシステム

Hollyland Lark C1

携帯電話に差し込んで最大650フィート(200m)の範囲をカバーする、超小型で機能満載のワイヤレスマイクシステムLark C1が発表されました。

このLark C1は、携帯電話に受信機を差し込むだけで音声を録音し、そのまま再生することができるというもので、送信機(TX)と受信機(RX)は充電しながら使用でき、受信機は電源に接続して動作中にスマホを充電できるようになっているので、音声の録音を中断することなく行うことができるのだとか。

受信機にLightningコネクターを搭載したiOS版(送信機1台または2台搭載)と、受信機にUSB-Cコネクターを搭載したAndroid版(送信機2台搭載)、2つのタイプが用意されているようで、これは動画配信者には嬉しい製品となりそう。

送信機は、ワイヤレスラベリアマイクロホンのように衣服に着け、プロフェッショナルなボーカルレコーディングを行うことができるようで、48kHz/16bitのサウンドキャプチャーにより、全方向から驚くほど豊かなディテールを再現し、20Hzから20kHzまでのHi-Fiサウンドクオリティを実現し、iOS版では、MFi認証のLightningインターフェースにより、妥協のない音質と信頼性を実現しています。

高度なオーディオ処理アルゴリズムとアクティブノイズキャンセリングにより、Lark C1は背景ノイズを除去したクリアなデジタルオーディオを提供、色はブラックとホワイトの2色が用意されています。

Android版は、携帯電話だけでなく、DJI Action 3やAction 2などの他の製品にワイヤレスマイク機能を追加できるため、Vlog用マイクとしても最適!

送信機を2台使用した場合、フル充電した充電ケースから32時間、各送信機が1回8時間の超長時間録音を実現し、1日中途切れることなく音声を録音することができ、充電中はスマートフォンを含め、システム全体が使用可能。

今は個人でも十分な映像は配信が簡単・手軽に行えるようになってきましたね。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

最新投稿

New Post

ChatGPT API×Pythonで始める対話型AI実装入門(GPT-3.5&GPT-4 対応)

ChatGPTを用いたA…

Read More..

UR-Cシリーズのカラバリ

スタインバーグとヤマハの…

Read More..

iPhone/iPad版バイオハザード ヴィレッジ発売間近!

バイオハザードシリーズ本…

Read More..

Godotかんたん入門

オープンソースの2D/3…

Read More..

フォステクス創立50周年記念モデル

プロのスタジオで使われる…

Read More..