プロ仕様の4 IN/2 OUTモバイル・オーディオ/MIDIインターフェース、iRig Pro Quattro I/Oが

発売となりました。

高品位なマイク・プリアンプ、24-bit/96kHzのコンバータを搭載したiRig Pro Quattro I/Oがあれば、いつでも、どこでも、放送クォリティの収録が可能となるようで、純正のiRig MIC XYステレオ・マイク、ウィンド・スクリーン、電源アダプタ、キャリング・ケースを同梱したDeluxeバンドルも用意されています。

iPhone、iPad、Mac/PC、デジタル一眼カメラに対応しており、ファンタム電源を備えた高品質で低ノイズのマイク・プリアンプ、Hi-Zの楽器、ライン・レベル対応のXLR/標準コンボ入力、ステレオのRCA、3.5mmライン入力に、ヘッドフォン・アウト、バランスXLRアウト、3.5mmステレオ・アウトと、MIDI IN/OUTを備え、DC INの他、USB電源、単三電池4本でも駆動可能。

iRig Pro Quattro I/O

フィールド・レコーディング、コンテンツ制作から、ストリーミング、ポッドキャスティングなどの配信まで、さまざまな機能を凝縮した iRig Pro Quattro I/O を使えば、複雑な配線をすることなく、幅広い用途に対応できます。

3種類のモード(MULTI、STEREO、MONO)

モードが複数用意されていて、MULTIモードでは各インプットがch1〜4としてそのままデバイスに送られ、STEREOモードではIN 1+3がch1、IN 2+4がch2、そしてch3/4はセイフティ用としてch1/2から12dB下げた信号となるようで、MONOモードも、IN1+2+3+4がch1/2に、ch3/4にはここから12dB下げた信号が送られるようになります。

複数モードイメージ図
複数モードイメージ図

DAW使用時に「MULTI」を選べば、マイク / Hi-Z 楽器入力対応の MIC/INST IN 1-2 を Input 1-2、マイク/ライン入力対応の MIC/LINE IN 3-4、RCA IN 3-4 もしくは 3.5 mm Stereo IN 3/4 を Input 3-4 としてマルチにルーティング可能。

価格は5万3千円前後で販売されていて、プロ仕様とはいえ、今では誰でもが簡単に高品質の動画を作成することが当たり前のようになってきており、これくらいの価格で購入できるのは驚きですね。

使い方も人それぞれ好きなような組み合わせができますし、このサイズ、この価格でモバイルスタジオを持ち運べるようになるなんて、本当に凄い世の中になりましたよね。