小型の縦型ライブストリーミングエンコーダー「Instream」

Instream

中国YoloLiv(ヨーローライブ)の小型の縦型ライブストリーミングエンコーダー「Instream」(インストリーム)が2022年11月11日より販売開始されています。

Instreamは、ビデオエンコーダー、モニター、レコーダー、スイッチャーの機能を1台に集約したストリーミングプラットフォームと連携したライブ配信機器業界初の縦型配信向けのライブストリーミングデバイスで、マルチカム、グラフィックオーバーレイ、ピクチャーインピクチャー、クロマキー、オーディオミキサーなどの機能を搭載し、これまではスマートフォンやタブレット1台での配信が一般的だったInstagramやTikTok等でより高品質な縦型動画のライブ配信が可能になります。

ビデオグラファー、クリエイター、インフルエンサー、ストーリーテラーにプロフェッショナルな機能を提供することで、より魅力的なコンテンツの作成をサポートし、InstagramやTikTokなどへの活用も簡単に対応できるようで、重量たったの600gの本体には、600nitsの高輝度7インチタッチスクリーンディスプレイを搭載し、入力は2系統のHDMI入力と1系統のUSB Type A入力を1つ備え、UVC(USB Video Class)対応製品のほとんどを入力可能となっています。

H.264コーデックで480p/720p/1080p(最大60fps)の入力解像度をサポートし、HDMI出力を利用してHDMI入力搭載機器にストリームを表示することができます。

オーディオ系統は、マイクレベル、ラインの2入力のほか、モニター用‎に独立したヘッドフォン・オーディオ出力を備え、内蔵のSDカードスロットを使って、最大1TBまでのSDカードにストリームをH.264で直接録画することができ、さらにUSBメモリー、HDDなどのUSBストレージも使うことができるのだとか。

主な特長

CPUは8コアプロセッサー QualComm SnapDragon 845が採用され、タッチスクリーンインターフェイスを搭載しているので、直観的な操作で配信と各種コントロールが可能。

スイッチャーとしての機能を有し、グラフィックレイヤーだけでなくピクチャーインピクチャーのテンプレートも豊富に用意され、エンコーダーを内蔵しているので、ライブストリーミングデバイスとしての利用だけでなくレコーダーとしてSDカードへの録画機能も利用可能。

内蔵バッテリーで約2時間の連続ライブ配信が可能。

YoloLiv Instream
YoloLiv Instream
  • エンコーダー、モニター、レコーダー、スイッチャー機能を1台に集約
  • Android OS&7インチタッチスクリーンによる直感的な操作が可能
  • バッテリー駆動のデバイスでイーサネット、Wi-Fi、4G LTEによるストリーミングが可能
  • 最大1080p60でストリーミング、H.264をサポート
  • HDMI入力x 2、USB入力 x 1、SDカードスロット x 1、マイク入力、ライン入力を搭載
  • モニター用のHDMI出力、3.5mmヘッドフォンジャックを搭載
  • ローワーサード(テロップ)/グラフィックオーバーレイ/カウントダウン機能搭載
  • ピクチャーインピクチャー、トランジションエフェクト、クロマキー内蔵
  • 配信にテロップやロゴ、画像の追加が可能
  • QualComm社製SnapDragon CPU、8コアプロセッサーを搭載



投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

最新投稿

New Post

モーションキャプチャーが手元に?

ソニーは小型のモーション…

小型の縦型ライブストリーミングエンコーダー「Instream」

中国YoloLiv(ヨー…

巻くコタツ KOZUTSUMI

ライソンから足元を360…

11月25日からAmazon ブラックフライデー

Amazon恒例のビッグ…

iPhone・Android向けワイヤレスマイクシステム

携帯電話に差し込んで最大…