ついにSteamDeckが日本でも発売されるようです!!

Steam Deckは、PC向けゲームプラットフォームである「Steam」でゲームをすることができるポータブルのゲーム端末で、今回発売されるのは、64GB、256GB、512GBの3種のモデル で、それぞれ価格が64GB(59,800円)、256GB(79,800円)、512GB(99,800円)となっており、現在予約販売が開始されています。

Steam Deck
Steam Deck

海外では既に2022年2月25日にリリースされていて、日本のユーザはいまかいまかと待ち望んでいたのですが、ここにきてようやく販売が決まりました!

ストレージは、64GB eMMC、256GB NVMe SSD(高速)、512GB NVMe SSD(最速)の3タイプしかないのですが、microSDカードで拡張することができるので容量不足に悩まされることはないでしょうし、40Whrのバッテリーでは、大抵のゲームで数時間遊べるようで、ゲームストリーミング、小規模な2Dゲーム、Web閲覧のような軽い使用の場合であれば、最長約7〜8時間の持つようですよ。

7インチ(1280 x 800px)のタッチスクリーンを装備し、さらには携帯型デバイス用に設計されていないPCゲームをプレイすることができるよう 、精度とカスタマイズ性を備えたトラックパッドもあり、たいていのSteamゲームをこなすことができそうですし、どんなゲームができるのかどうかもライブラリ化されていますので安心ですよね。

さてさて、大本命であるSteamDeckの登場となると、数ある小型ゲーム機の中からどれを買えばいいのか悩んでしまいますよね。

  • GPD XP・・・・・42,600円
  • Steam Deck・・・59,800円
  • AYANEO2021・・・115,700円
  • ONEXPLAYER・・・198,000円

値段順に並べると上記のようになるのですが、今後、 AYANEO AIRやONEXPLAYER miniなどが登場してくる噂もありますし、かなり買い時が難しいですよね。

しかも上記の端末だけでなく、ほかにも異なりバージョンの端末も発売されていますから、購入する側はしっかりと調べて検討しなければなりませんね。

とはいえ、「Steam Deck」はSteamを運営しているValveのポータブルゲーミングPCとなるわけですし、値段的にも購入して損はなさそう。