WWDC 2022で発表されたiOS16やmacOS Venturaですが、様々な機能が搭載されて嬉しい反面、それにより古いデバイスが非対応となるのは痛いですね・・・。

iOS16

まずはiOSなのですが、ロック画面が大幅刷新され自由なカスタマイズが可能となったり、共同作業用のメモアプリやSafariのタブグループ共有など、複数人で共同作業できる機能が追加されるのだとか。

さらにメッセージを送った後に編集したり取り消したりできるようになったり、Webサイトやアプリのログイン時に「パスキー」を利用することでパスワード不要でログインできるようになります。

まぁ、この他にもたくさんあるのですが、このiOS16は以下の端末が対象外となります。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPod touch(第7世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air 2

むむむ、ついに初代iPhone SEが対象外となってしまった・・・。

これで4インチサイズのスマホはなくなってしまい、代替として4.7インチのiPhone SE(2世代、3世代)しかないのか。

iPad mini 4も対象だけど、うちのminiは何世代だったかな?mini5が2019年発売ということは、ちょっとうちのminiやばそう・・・。

Macのほうが深刻

さて、次はMacのほうなんだけど、macOS Venturaに対応しないMacは以下の通り。

  • iMac (Late 2015) (27-inch、21.5-inc、非Retinaモデルを含む)
  • Mac Pro (Late 2013)
  • Mac mini (2014)
  • MacBook Air (Early 2015)(11-inch、13-inchモデル)
  • MacBook Air (2017)
  • MacBook (Early 2016)(12-inchのRetinaディスプレイモデル)
  • MacBook Pro (Early 2015)(13-inch、15-inchモデル)
  • MacBook Pro (2016)(13-inch、15-inchモデル)

あああ、非Retinaディスプレイの光る最後のMacBook Airも終了か!!!!!

いや~、これはちとキツイ。

新しいM2 MacBookAirはノッチがダサいので、M2 MacBookPro一択になってしまうけど、個人的にはTouchBarなんていらんのよね・・・。

そうなるとM1 MacBookAirなんだけど、2年前の機種に変えるのもなぁ・・・。

こうなったら、MacBookやめて、iPad ProMagicKeyboardにシフトしようかなぁ。